理学療法士として働こう



理学療法士として働こう

理学療法士の仕事内容

理学療法士は様々な事情があって病気や怪我をしてしまった場合、さらには高齢者や障害を抱えている人が、自分の意思で動くことができなくて運動機能が低下している状態の人と向き合って治療を施します。若い年代の人でも病気や怪我をして、思うように運動ができないとどんどん運動機能が低下してしまいます。高齢者の場合は加齢による運動機能の低下、障害者は思うように身体を動かすことができなくて運動機能が低下してしまいます。

このような状況の人に対して、理学療法士がそれぞれの求められている運動機能の維持や改善をするために運動だけでなく、電気や水や光線などを駆使して、物理的手段を用いて治療をしていきます。そうすることで理学療法を求めている人に対して基本的な動作能力の回復を図ることができるようになります。だからこそ多くの人が自分が元気に身体を動かすことができるように理学療法士を頼ってきます。

理学療法士は運動機能を回復させるために、それぞれの患者の様子などを見極めながら基本的動作能力の回復に努めていきます。体操や器具を使った運動をしたり、本格的に電気で刺激を与えたり、部分的にマッサージなども行います。このように理学療法士がトータルで動作能力が回復するためにサポートしていきます。