理学療法士として働こう



理学療法士として働こう

理学療法士の役割

医療現場では様々な役割を果たすためのスタッフが働いています。病気や怪我をしてしまった人や、高齢者や障害者の人は自分の思い通りに身体が動かなくなってしまうことがあります。寝返る、起き上がる、立って歩くなど、普段の生活の中で当たりまえのことができなくなってしまうと、生活に支障が出てしまうので、そうならないために運動療法で症状を回復させる必要があります。そのときに練習や治療をサポートしてくれるのが理学療法士です。

理学療法士は人間の機能を回復させるために様々な運動や治療をすることができる専門家です。医師とは違った視点から患者をしっかりサポートしてくれます。基本的な歩行練習をしたり、器具を使って本格的に物理療法も施してくれます。そうすることで怪我や病気が原因で身体を動かせない患者や、高齢者や障害者の人などの、身体の基本的な機能や動作を回復させることができます。

理学療法士の仕事はただ状態を回復させるだけではありません。その後に自立をさせて日常生活を送ることができるようにしっかりとバックアップしてくれるのも理学療法士の仕事になります。理学療法士は病院以外に介護施設などでも活躍できます。幅広いジャンルの職場でやりがいを感じながら仕事をすることができるメリットがあります。

当サイトでは理学療法士の仕事内容について解説をしています。これから理学療法士として困っている人のために働きたいと思っている人の参考になる内容になっています。


==理学療法士になるためのお役立ちリンク==
理学療法士として働くためには、資格を得るために専門学校に通って勉強するのが一般的です。数ある専門学校の中でも、特に人気のある専門学校を紹介しますので、お役立てください ≫ 理学療法士 専門学校